出会い系サイトで女子大生を釣る戦略

出会い系と聞いてピンと思い浮かぶのは女子大生です。

どうせなら若い女性をセフレにしたい。だけど、高校生になると法律的な問題で手を出しにくいというのも事実。そうなると必然的に10代後半~20代前半が浮上するのですが、その中でもヒマをもてあましてる女子大生というのが一番釣りやすいのです。

社会人よりも常識がなく、学校という治外法権で脳みそがとろけていますから、出会い系でも風俗でもバンバン手を出してしまいます。キャバクラやガールズバーにもたくさんいますよね。

ちなみに最近、学校名を聞いてもあっけらかんと答えてきたりするので、罪悪感もないようですね。これも性の解放の一つかと思われます。さあ、そんな女子大生との出会い方を、出会い系を軸に検討してみましょう。

なぜ出会い系を利用するのか

少し出会い系にフォーカスする以前に、なぜその他の出会いが有効ではないのか(もしくは効果が見えづらいのか)ということをお話できればと思います。

みなさん出会いの方法と聞いて何を想像しますか? 合コン? ナンパ? 街コン?

もちろん全部正解です。可能性としてはアリですね。

しかしあとは、何を目的とするかで、方法を変えていかなくてはいけません。

ここにお集まりの皆さんはもちろん女子大生とセックスしたいというのが目標でしょう。つまりセフレ化ですね。

そうなると、話の手っ取り早さが重要になります。たとえば合コン、女性は何を狙っているかといえばイケメンと戯れる、友達になる、もしよかったら彼氏に昇格、程度にしか考えていません。しかも合コンする女のコはほかにもたくさんやっているんですね。なのであなたが先週末に合コンしたあのコはかわいければかわいいほど今週はほかの合コンで餌食になっているんです。つまり競争率が高いということですね。

ナンパはなおさらです。ナンパというのはハードルが高く、どうしても声をかけただけで満足しがちなんですね。これは男の問題ですが、やっと声をかけれたということで、声をかけられない男たちに対して優越感を持つことができます。例え連絡先を聞けなかったとしてもです。これが落とし穴で、結局2時間ストリートナンパをしたところで得るものは何もないということに気がつきます。

男同士の残念会、これはこれで盛り上がりますが、であれば最初から男飲みをやりさえすればいいわけですね。

すると次の選択肢は街コンです。街コンはわりと後々つながりが出来るようです。ヒマな女子大生が安酒を飲みに来るからですね。でもその分男が高いです。男8000円、女3000円とはどこぞの性差別でしょうか。また、街コンは仲良くなれるのはいいのですが、結局競争率の高さと、仲良くなるのに時間がかかるという点では効率的とは言えないでしょう。ナンパほどハードルが高くなくて合コンほど競争率が高くなく、それでも手っ取り早く女子大生を喰える方法は……? となると、お待たせしました。出会い系の出番なのです。

出会い系サイトで女子大生を釣る戦略

それでは具体的に出会い系で釣る戦略を考えていきましょう。

まず最初に考えるのは、女子大生はいつ出会い系に出没しているかということです。答えは、「いつでも」です。つまり24時間365日ですね。もっとも夏休みや冬休みはもっと多いと思っていいですが、女子大生は年中ヒマなんです。たとえば社会人だと少なくとも朝の9:00から夜6:00くらいまでは働いていますよね。出会い系などいじっている場合ではないわけです。

それに比べて仕事をしていないヒマな女子大生は授業中だって携帯をいじることができるんです。だって携帯をいじっていたって友達と連絡を取ろうとしているのと出会い系をやっているのでは全然見分けがつかないですよね。彼女たちもそういう気軽さがあるから出会い系を使うわけですけどね。それで家に帰っても、たとえば裕福であればあるほどバイトもしなくていいわけです。田舎から出てきたお金持ちの家のひとり暮らしは、ヒマで寂しいです。これが出会い系で心の隙間を埋めるパターンです。

しかもモラトリアムの真っ只中なので、行きずりでセックスしてみたいなんて刹那な青春も夢見ています。この辺を釣ればいいのです。まあメッセージがディープになりがちなのは夜中ですね。夜中の1-3時くらいに延々とメールリレーができたりすると、次の日の夕方に会える確率が高いです。もちろん昼間でもいいですが、夜中に改めてディープメールのリレーをするというのがアポ率にかかわるポイントですね。最近では写メも有効です、写メを要求されることは間違いないですね。

ここで少し対策があります。要求される前にどんな男がタイプか聞いておきましょう。すると芸能人や特徴などで言ってきますので、それに合いそうな画像をネットから探してきて送ってもいいです。少々わかりにくいぼやけた10年くらい前の写メ画像がネットに大量にアップされているので、会ったときでも本人かどうかわからないくらいのものを送っておきます。これで写メ面接もクリアですし、実際あったときにそんなに気にするコもいないです。覚えてないんですね。一昔前にデリヘルの写真をめちゃくちゃ修整しているお店がありましたが、それを巧妙にやる感じです。

うまくアポったら居酒屋へ

アポった(待ち合わせをとりつけた)後のことに少々触れておきましょう。とりあえずお酒を飲んでください。お酒を飲めばなんとかなるという説ですね。

堅苦しいレストランなどは逆効果です。少々にぎわいがある居酒屋で生ビールやサワーを片手にお話しましょう。席は向かい合いでいいです。やりがちなのがいきなり隣り合う席を予約してしまうことですね。初対面なので距離が近すぎます。最初は緊張しますが向かい合いでがんばってくださいね。

二次会あたりでショットバーやキャッシュオン(つど払い)のパブなどに行きます。ここも安く済ませましょう。そのあと距離を縮めてタクシーを拾ってください。運転手さんに自宅の住所を告げます。これで完了です。サクっとセックスして、ピロートークをすればセフレの完成ですよ。

いかがでしたか。流れるように女子大生のセフレができそうです。ポイントは、出会い系を使うこと、女子大生はヒマと心得る、お酒パワーで時間をかけずに、ですよ。さあみなさんアポを目指してがんばりましょー!

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト