出会い系サイトは間違いなく今が一番簡単に出会えますわたしは、もう10年以上出会い系というものにどっぷりとハマリ続けてきましたが、出会い系サイトは間違いなく今が一番簡単に出会えます。これはあやふやな主観や体感だなんてレベルではなく、誰もがそう感じていることでしょう。

逆に一番ひどかった時といえば、2010年前後だったでしょうか。「楽に金儲けができるぞ!」ということで悪質な業者が出会い系業界に集まってきました。

100サイトの出会い系があれば99サイトはゴミのようなクソ出会い系サイトでした。いくらお金をかけても出会えませんでした。

それもそのはずです。魚が一匹もいない死の池で、どんな高級なエサや竿を使っても魚が釣れるわけがないのですから。

悪徳出会い系サイトの逮捕

ただ、そこから警察の規制が厳しくなって状況は一変しました。なにしろ「サクラを雇うことは罪である」と警察がついに公に認めて、実際に摘発までされたのですから。グレーゾーンだった出会い系のサクラというものが、明確にブラックであると定義されたわけです。

出会いない出会い系サイト 利用料詐取容疑の11人逮捕

出会い系サイトは間違いなく今が一番簡単に出会えます

インターネットの交流サイト(SNS)で男性に交際を持ちかけ、出会い系サイトに会員登録させて利用料をだまし取ったとして、警視庁と宮城県警は、東京都港区西麻布4丁目、出会い系サイト運営会社経営、星憲之容疑者(33)ら男女計11人を詐欺の疑いで逮捕したと15日、発表した。

同庁ハイテク犯罪対策総合センターによると、星容疑者らは「mail to mail DX*1 *2 」「ラポルテ*3」の名称の出会い系サイトを開き、運営会社側のサクラが会員女性を装って書き込み、会員同士ではメールの送受信ができないのに、「すてきな出会いが見つかる」などと偽って、2008年10月~09年1月、男性会員3人からサイト利用料計56万8千円をだまし取った疑いがある。

星容疑者は調べに「詐欺はしていない」と容疑を否認しているという。

被害に遭ったのは、「ミクシィ」「モバゲータウン」など大手SNSに登録する男性ら。女性を装った運営会社側の誘導役が交際を持ちかけ、「わたしはチャットもやっているのよ」と自分たちの出会い系サイトに誘っていた。サイトへの会員登録は無料だが、サクラの女性とメールを送受信するたびに男性側が1件380~480円の利用料を払う仕組みだった。

サイト運営会社には従業員が約100人おり、SNSから自分たちのサイトに誘う「誘導集客」、男性会員とメールを交換する「オペレーター」、男性会員の問い合わせに対応する「フロント」を分担させていた。同庁が09年2月に東京・歌舞伎町のビルにある事務所を家宅捜索した際、パソコン約200台が押収された。

星容疑者らは05年に問題の2サイトを開設し、当初は会員同士のメールのやりとりができた。しかし、07年7月ごろにサクラとしかやりとりできない仕組みに変更したという。

この2サイトの会員は約139万人に上り、約19億5千万円を売り上げたという。

朝日新聞:2010年1月15日 http://www.asahi.com/national/update/0115/TKY201001150194.html

その直後の出会い系サイトというのはすごかったですよ。あれだけあった悪質な出会い系サイトが、蜘蛛の子を散らすように消えていったのですから。何百ものサイトが突然「当社都合により、閉鎖いたします」とだけ書き残して、いきなりドロンしたわけですから。当時は大変な祭りになったものです。

サクラを雇っていない出会い系サイト

逆にそこの時代を乗り越えて、今もなお出会い系を運営している会社というのは法に触れていないという自信があるサイト…

つまりサクラを雇っていない出会い系サイトだけが残ったわけなんです。

そして出会い系サイトというものが大きく減ったこともあり、残された出会い系サイトに女性が集中してますます出会いやすくなりました。

特に悪質なサイトと知らずに登録していた一般女性が、きちんと出会えるサイトに戻ってきたことで出会いを求める女性というものが確実に出会い系サイトに辿り着くようになったわけです。

これまでは死の池だった出会い系サイトも、今では魚が溢れんばかりにピチピチと飛び跳ねているのです。それこそ、エサをつけて食いつくのを待つまでもなく、魚のほうから地面に飛び出して勝手にカゴに入ってくるようなものです。

なぜこうも出会えるかといえば、まだ多くの男性が気づいていないからでしょう。ほとんどの男性は、5年前までのクソみたいな出会い系サイトの悪いイメージのままなんです。

これを読んでいる貴方も、そうではないでしょうか? 出会い系なんて騙されるに決まっている。そんなところにお金を使うなんて馬鹿のすることだ、と。たしかに一昔前までは実際にそうでした。ですが、時代は変わったのです。それも思いっきり。

そんなこと言ってまた騙そうとしているんだろう? と疑って、利口ぶって、スルーするのもいいでしょう。現に、世の中の多くの男性はそうしているのです。そして、そういう男性が多いおかけでわたしがおいしい思いを出来ているわけですからね。

ただし、こういう女性には注意

大手出会い系サイトにはサクラはいないとはいっても、まったく注意する必要がないかといえば、それは違います。

以下のような女性ユーザーには注意してください。

PCからログインしている女性

もちろん、すべての女性というわけではありませんが、PCからログインしている女性は、キャッシュバッカーや業者である確率が高いのです。

女性のプロフィールには、利用端末が記載されていますね。そこがPCになっている場合は注意が必要です。

女性がPCから出会い系サイトを利用することはあまりありませんし、そもそも、スマホから利用している女性のほうが、アポまでの道のりがスムーズなのです。なぜなら、彼女たちはいつでもどこでも返信できるから話が早いんですよね。

そんなわけで、利用端末も、気に留めておいてください。

複数の掲示板に書込している女性

大手出会い系サイトには、とにかくいろいろな種類の掲示板があります。そういう掲示板に、同じような内容をたくさん書きこんでいる女性は、ほぼ間違いなくキャッシュバッカーか業者です。

普通の素人の女性が、そんなふうにやたらめったら掲示板に書き込むわけはありません。この女性は、違う掲示板でも見たな? って思ったら、その女性にはメールをしないようにしてください。

返信が異常に早い

1回や2回なら問題ありませんけれども、なんど送っても、すぐに返信が返ってくるっていうのは業者の可能性が大きいですね。彼女(彼)たちは、PCの前に張り付いて、つねにあらたな男性をひっかけようと狙っているのです。

こちらからしたら、「お♪ 返事がきた」なんて喜んでしまいそうですが、実際には、返信が遅い女性こそ、素人の無垢な女の子である可能性が高いのです。ぜひとも、だまされないようにしてください。

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト