女性が苦手な人が出会い系に向いている6つの理由

当サイトでは、出会い系の攻略法はとにかく数をこなすこと。トライアンドエラーを繰り返すことで出会いテクニックは向上し、セフレを作ることも簡単になるということを繰り返しお話しています。

しかし、そもそも、女性が苦手な人は、その最初のトライができないんですよね。

「女性が苦手な人に出会い系は向いていない?」と思うかもしれませんが、そんなことはありせん。出会い系は、そういう人にこそ、向いているコンテンツです。

しかも、女性への苦手意識を克服し、理想の彼女やセフレもGETできる夢のようなシステムでもあるのです。

本日は、女性が苦手な人が出会い系に向いている6つの理由をご紹介します。

ぜひとも勇気をもって出会い系でのセフレ作りにチャレンジしてください。

1.女性とのやり取りは文字から始まる

女性とのやり取りはメールが主流出会い系コンテンツでは、女性とのやり取りはメールが主流です。

これは、女性への苦手意識が強い人にとっては嬉しいポイントで、顔を見ながらやり取りをする必要がありません。

女性が苦手な人は、相手をと認識してしまうと過度の緊張や軽いパニックになり、どうしたら良いか分からなくなってしまうもの……。

相手を女性だと思わず『ゲームのキャラクター』と会話していると考えれば、余計な緊張をせずスムーズにやり取りできるでしょう。

さらに、最大の魅力は返信に時間をかけられること。

リアルタイムで進行する「会話」とは違い、気まずい空気や沈黙の間を感じません。

無言の圧力で返答を煽られることもなく、質問に対してじっくり考えてから返答できるのは、女性との会話が苦手な人にとってはうってつけです。

出会い系コンテンツは最初のやり取りで相手について知り、慣れることができます。

慣れた状態といきなり会うのとでは、話しやすさは雲泥の差。

さらに、話しやすい環境を作るだけでなく、色んな人と繰り返しやり取りすることで女性に対する慣れを養えるのです。

2.女性に気を使う必要がない

女性が苦手な人は、異性に対して自意識過剰の傾向があります。

  • この人は自分をどう思っているのか
  • こんなこと言ったら嫌われるのでは?
  • この質問は相手に失礼かもしれない……

こんな感じに色々考えていると、結局は女性に対して何もできなくなってしまうもの……。

自覚している人も多いかもしれませんが、相手に自分を良く見せようとするのが逆効果になっているのです。

気になるあの子や大好きな○○ちゃんなど、本気の思いを抱く異性にそうなるのは仕方ないですが、出会い系コンテンツの女性に気遣いは無用。

相手は顔も知らない女性、そんな人になんと思われようと関係ありません。

変なことを言って嫌われても気にする必要はありませんし、その子がダメなら次の女性を探せばいいだけのこと。なので、相手の顔色や機嫌を伺うのではなく、「嫌われてもいいや」くらいの気楽な感じで女性に接すれば良いのです。

そう思えれば、今までできなかった大胆なアクションも可能になります。色んな接し方を試せれば女性への“免疫力”が高められ、やり取りを繰り返すうちに自分の経験や会話のバリエーションも増えていくものです。

出会い系コンテンツでは数多くの女性がいるので、失敗しても次には困りません。嫌われることを恐れず、ガンガン女性にアプローチしていきましょう。

3.苦手意識が武器になる

女性との会話に内容に困る、話すと過剰に緊張しまう…など、女性に対する苦手意識が強い人は、異性にとってマイナスポイントと思われがち。

ですが見方を変えてみると、女性と会話するときは能動的ではなく受動的な役割になれます。

出会い系コンテンツではこの受動的な役割、つまり聞き手は必要とされており、お喋り好きの女性にとっては欠かせないタイプです。出会い系の女性は暇さえあれば今日あったことや会社での不満、友人の悪口など、聞いてもいないのにペラペラと喋り続けます。

しかし、女性の話す目的は、話し終えた満足感7割、しっかり聞いているか1割、満足する返答1割で構成されているため、内容に対して身のあるレスポンスを求めていません。

なので、女性が苦手で上手に話せなくても大丈夫。相手の話しをしっかり聞き「大変だったね」や「辛かったね」、「それ分かる」など、とにかく相手の感情に共感さえしてればOKです。

慣れるまでは会話の主導権を相手に握らせ、相手の会話の合間に自分の話しをちょっとする程度が無難。

自分から話すのが苦手なら、無理にする必要はありません。苦手意識があるうちはそれを武器にし、聞き手に徹する立ち回りを心がけましょう。

4.同じタイプの女性と出会える

同じタイプの女性と出会える

出会い系コンテンツには色んなタイプの人がおり、自分と同じように異性に対して苦手意識を持っている女性もいます。

同じ悩みを抱えている人であれば、自分の苦しみも理解してくれるので、お互いに気を使わずにスムーズなやり取りが可能です。当然、自分の気持ちを分かってくれる女性には、とても魅力を感じるもの。

また、自分と違うタイプの女性とやり取りするよりも、同じタイプの女性と徐々に苦手意識をなくし、異性に対して慣れていく方が楽でもあります。女性慣れしていない男性なら、同じタイプの人を狙うのが良いでしょう。

そのためには、プロフィールに女性に対して苦手意識があることをあえて記載する。人によってはネガティブな印象を与えてしまうかもしれませんが、同じ悩みを持っている女性なら思い切ってアプローチしてくる可能性もあります。

普段であれば、異性が苦手な人同士は近づくことがあまりないので、出会いにくいものですが、出会い系コンテンツでは、そういった人とも知り合うチャンスもたくさん。

自分に似ている女性を狙ってみるのも、苦手意識をなくすためには効果的な方法です。

5.彼女やセフレを作れる

出会い系コンテンツの本来の役割は、理想の彼女やセフレを作るための交流の場。

女性に対する苦手意識を克服し、自分好みの彼女やセフレを作るのもOKです。まだ苦手意識がある人は、彼女ではなくセフレを作るのがおすすめでしょう。彼女にするとなると、日々の会話やメールでのやり取りは人一倍気を使わなければいけないので、女性に抵抗があるのであれば作らない方がよいです。

しかし、セフレであればセックスだけの肉体関係。言葉や文章でのやり取りはそこまで重視されておらず、話すのが苦手でも問題ありません。

さらに、セックスは女性を知り、慣れるためには1番の行為。お互いの身体を重ねることで女性に対する恐怖心や特別感を取り払え、自分と変わらない同じ人間だというのを認識できます。

気持ちの部分から苦手意識をなくし、女性に対する考え方を変えるのも効果的なので、セフレを作って言葉と身体のやり取りで慣れていくのが良いでしょう。

6.女性が苦手な理由を知り、克服できる

出会い系コンテンツでは女性と知り合ってからセックスまで、様々な経験ができます。

その中で、相手の気持ちが分からない、劣等感を抱いてしまう、異性と話すと緊張する、空気が読めないなど、自分がなぜ苦手なのかを知るきっかけにもなるのが出会い系。“苦手だと思いこんでいる”ということも考えられるので、出会い系コンテンツを活用して自分と向き合ってみるのも良いかもしれません。

自己分析で問題点が分かれば、対策はいくらでもできます。

緊張するのであれば“慣れ”が必要ですし、劣等感や相手の気持ちがわからないのであれば女性について知ることで解決できるかもしれません。女性に対して苦手意識がある人には出会い系は向いていますが、できることならそれを克服して異性と普通に接するのが理想です。

出会い系を『自分を知り、変えるための手段』にするのも、克服するためには効果的と言えるでしょう。

女性が苦手な人が出会い系に向いている6つの理由まとめ

女性嫌いや苦手意識、人見知り、コミュ障など、そういった人は出会い系に向いていないと思われがちですが、そんなことはありません。苦手意識を克服するためにも使えますし、同じ悩みを持った女性を狙いやすいというメリットもあるのです。

さらに、出会い系コンテンツは苦手だと思っている人にはやりやすい環境なので、彼女やセフレを作るためには最適と言えます。

「女性は苦手だけど、セフレは欲しい!」「克服して自分を変えたい」など、こういった思いを抱いているのであれば今すぐにでも登録し、理想のセフレ作りに励んでいきましょう。

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト