出会い系サイトでモテるプロフ

「リア充? いやいや、リア充じゃないから出会い系なんでしょ?」とお考えのあなた。あなたのその考えは、けして間違ってはいません。

リアルに多くの女子と出会うことができれば、出会い系サイトに登録することもないでしょう。

しかし、多くの人がそうと分かっていても、出会い系サイトでモテるのは「リア充」です。

「いや、だからいないって、出会い系にリア充は」

そうです。真のリア充はいない、もしくはかなり希少でしょう。

しかし、出会い系でモテている男性の多くは、「リア充風」あるいは「リア充(仮)」のように巧みに「リア充感」を出しているのをご存知ですか?

そして、その結果、モテまくって「真のリア充」になっていることを!

こうなったら、思い切って「リア充風」を装ってみませんか?

リア充に見えるプロフ作り! やってみましょう。

1.写真選び

リア充に見える写真とは、ズバリ!友達や会社の人に囲まれている写真です。

囲まれているといっても「袋叩き」にあっている写真ではないですよ。みんなで和気あいあいとした雰囲気の写真です。

雰囲気でいいんです。実際に和気あいあいとしていなくてもいいんです。

天気の良い日のBBQ

おしゃれな店での食事会や、天気の良い日のBBQ、レセプションパーティ、スポーツバーでの観戦など、普段あなたが「チッ!」と思っているシチュエーションこそが、リア充感があるものです。

しかし、そう簡単にこれらのシチュエーションを設定することはできませんよね。

そこで、囲んでくれる友達もいない、職場に人ともほとんど交流がないという人には、サクラを雇うという手があります。仮想の友達や仕事仲間、趣味仲間、家族を仕立て上げ、「リア充」アピールの写真を撮るという方法です。

少々出費もかさみますが、これを虚しいと思うか否かは、あなたの考え次第です。

こうした人々に囲まれた写真で、充実した人間関係をアピールすることが「リア充」に見せる方法のひとつです。

2.趣味

趣味は会話のネタにもなる重要ポイントです。

ここでもリア充に見える趣味を仕立て上げましょう。

リア充に見える趣味

  • スキー、スノボなどのウインタースポーツ、サーフィンなどのマリンスポーツ
  • サッカー、フットサル
  • カフェ巡り、食べ歩き
  • ツーリング、ドライブ、旅行
  • 料理

料理

リア充に見える趣味は、大勢でワイワイやるスポーツだけではありません。

カフェ巡りや食べ歩き、それを含めたドライブや旅行は、「いつも一人で」という印象さえ与えなければ、セーフです。

また、料理もおすすめです。

「非リア充は、ろくなモンを食べていない」をいう負のイメージを払拭できる趣味です。

しかし、問題はこれらの趣味が「仮想」であることです。

カフェ巡りが趣味と言っておきながら、新しいお店の情報をまったく知らなかったり、料理が全然できなかったり、車を持っていなかったり、簡単に「ウソ」がバレてしまっては元も子もありません。

会話が成立する程度に情報収集しておくか、本当にそれらを趣味にしてしまうか、ですね。

ちなみに、イギリスの「デイリー・テレグラフ」が世界最大の出会い系サイト「Match.com」を取材した「Inside the world’s biggest dating agency – Telegraph」という記事では、男女ともに好印象を与えるワードとして以下のものが紹介されていました。

  • ヨガ
  • イヌ
  • サーフィン
  • ボランティア
  • 顔文字
  • 運動
  • ファミリー
  • 発見・探求
  • コメディ
  • 野心

そして、男性が女性にもっとも好印象を与えるキーワードは「スキー」だったそうです。どうでしょう。おどろくほど「リア充感」に満ちていますね。

一方、絶対に「リア充」と思われない趣味があります。

アニメ・エロゲー・フィギュア収集など、オタク感の強いものはダメです。

パチンコ・パチスロも論外。競馬・競艇なども大勢でワイワイ楽しめるものではありますが、一般的には「ギャンブル」の範疇であり、「リア充」っぽい趣味とは言えないでしょう。

読書、映画、芸術鑑賞は微妙ですが、豊富な知識や独自の見識によって、相手をうならせることができれば、「リア充」を超えた存在となるでしょう。

そして最もモテない趣味は、「趣味がないこと」です。趣味がないあなたは、今すぐ趣味を作りましょう。

3.性格

リア充は、精神的に満たされています。

だから、むやみに人を非難したり、攻撃したりしません。また、卑屈になることもなく、自分も好き、他人も好き「I’m OK, you’re OK!」という精神状態です。

身近にリア充っぽい人がいれば、その人を観察してみるとよいでしょう。

ま、あくまでも表向きの性格ですけどね。

人間だれしも、心のどこかに満たされないものがあるはずです。

心の底から「I’m OK, you’re OK!」と言える人は、「リア充」ではなく「現実(リア)逃避」でしょう。

出会い系サイトのプロフにも、性格は「人には温和と言われます。人に合わせることもあれば、必要な自己主張もしますよ」くらいにとどめておきましょう。

自分の性格や人間性を、あまり長々と書き込むと……、なんとなく「闇」を感じさせ、「リア充」とは反対方向に進んでいってしまうので、気を付けておきましょう。

4.好みの女性のタイプ

真のリア充は、一緒にワイワイ楽しめる明るく社交的な女性を好みます。

仕事もプライベートも充実していて、美容や習い事などの自分磨きにも余念がない。もちろん美人でスタイルもいい。こんな女性に囲まれているのがリア充です。

しかし、忘れてはいけません! あなたが目指すのは「リア充風」であり、目的はあくまでも「出会い系でモテること」「出会いをつかむこと」です。

「リア充」感を求めるあまり、「リア充」の女性を好みのタイプとしてしまっては、出会い系サイトに登録している女性からは敬遠されてしまいます。

出会いサイトには「真のリア充」女性はいないでしょう。むしろ、今のあなたと同じように「リア充……、チッ!」と思っている女性が大半なのです。

こうした女性に最もマッチする「好みの女性像」は、「優しくて、一緒にいてホッとできる女性」です。

容姿やスタイル、趣味なども細かく条件づけることはせず、「一緒に楽しみましょう」というスタンスでのぞめば、女性は安心してコンタクトをとることができます。

5.自己PR

はじめまして。制作系の仕事をしている、都内在住の〇歳、△△です。食べ歩きが大好きで、和洋中すべてのおいしいお店をリサーチしています。

最近は、自分で料理することにも興味が出てきたので、不慣れながらも頑張っています。食べることは大好きですが、けして太ってはいませんよ。中肉中背、いや高身長(183㎝)です。

一緒に楽しく食べ歩きをしてくれる彼女を募集中です。僕のおすすめのお店に一緒に行ってくれる人、そして僕におすすめのお店を紹介してくれる人いませんか? どうぞ、よろしくお願いします!

これに、お店の人の笑顔が写り込んだ(一緒に並んで移る必要はありませんよ)、食事中の笑顔のあなたの写真があれば、「お!」と思う女性は多いでしょう。

仕事内容や収入、女性経験など、聞かれるとマズいことには触れない、もしくはフワッとしておくとよいでしょう。

6.仕立て上げたプロフはどこまで通用するか?

「リア充風」に仕立て上げたプロフには、ところどころ真実と異なる部分があります。

メールを交換するようになった際に、「アレ?なんか違う?」と思わてしまう恐れもあります。

できれば、あなた自身が、仕立て上げた「リア充風」に寄せていきましょう。

大丈夫です。たとえ「リア充風」になろうとも、そうそう簡単に「真のリア充」になることはありません。「非リア充」としてのあなたのアイデンティティが崩れることはありません。

また容姿やスタイルなど、簡単には変えられない特徴を偽って書いてしまうと、せっかくの会えるチャンスに前向きになれなかったり、会ったとたんに「ウソつき!」と愛想をつかされることもあります。

あくまでも、あなたの努力で何とかなりそうな設定にとどめて、出会い系サイトでモテる「リア充風」を目指してみましょう。

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト