PDCA サイクルを使ってセフレを製造するPDCA サイクルを使ってセフレを製造する方法をご紹介します。

「PDCA サイクルって何なの?」という方から「すでに活用しているよ」という方も、ぜひごらんください。

出会い系サイトでのセックスフレンド作りは確率のゲーム」でも論じたように、PDCAを繰り返して、セフレ作りの確率を高めてくださいね。

PDCA サイクルとは

PDCA サイクルは戦後、アメリカの統計学者エドワーズ・デミングさんによって提唱された、品質管理の手法として広く知られていますね。

日本の製造業者は、デミングさんの技法を広く適用してコスト削減につとめ、結果として日本製品が世界市場をせっけんするようになったのです。

それで、デミングさんの日本に対する友情と業績を記念するためデミング賞が創設され、今日に至っています。

サイクルを構成するのは、次の4段階 です。

Plan(計画)→Do(実施・実行)→Check(点検・評価)→Act(処置・改善)

この4段階を順次行って1周したら、最後のActを次の PDCA サイクルにつなげ、螺旋を描くように1周ごとにサイクルを向上(スパイラルアップ)させて、継続的に業務を改善して行くのです。

出会い系を使ってセフレを製造するに際しても、デミングさんの考案した PDCA サイクルが効力を発揮します。

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する

何事も計画が重要です。限られた時間と資金を出会い系サイトに用いて、効率よくしかも確実にセフレを製造しようとすれば、なおのこと計画をしっかり立てる必要がありますね。

はじめて出会い系を使ってセフレ製造に取り組もうとされているビギナーの方でしたら、現在の実績はゼロなわけですから、まずはセフレ一人の製造を目指します。

セフレ一人を製造するためにはだいたい、出会い系にいる女性20人くらいにメールを送る計画を立てるといいかもしれません。

大手の出会い系サイトだと、20人にメールを出すと、5人くらいは返事をくれます。

20人にメールを出すのは大変に思われますが、1日にメールを送る女性の数を5人とすれば、4日間で20人です。月曜から始めたとして木曜日に計画は完遂します。あるいは中一日空けて、金曜日までかける計画でも問題ありません。

ただ、土日は業務計画にあてないようにします。セフレを探す場合、相手を人妻に絞ることが多いと思いますが、人妻は家族が家にいる週末の返信率が極度に落ちます。

Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う

1日に5人の女性にメールを出すのは、知らない相手ばかりなだけに、簡単なようでいてなかなか大変なことですね。

ただ、ここでもデミングさんの品質管理に導入した確率統計の手法は、考え方として役に立ちます。

デミングさんは、品質管理を厳重にするあまり全品を検査しようとする日本人に、それは無駄だと教えました。

不良品が出る確率に応じて、チェックの頻度を変えるように指導したのです。

大手の出会い系サイトでは、先に書いたように知らない女性に20通メールを出せば、返ってくるのは確率的に5通くらいです。15通の不良品は捨てればいいのです。

1日5人の女性にメールを出す計画を立てたのは、そうすれば少なくとも一人は返事をくれることが確率的に実証されているからです。

知らない女性にいきなりメールを出しても返事がもらえないのではないか?と不安が先にたてば、メールの内容も寒いものになりかねません。

しかし、5人に出せば、必ず一通は返事がくるのだと思えば、気合も違ってきます。

デミングさんの教えをそんな風に解してみてはいかがでしょうか。

Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する

月曜日から始めて一日5人の女性にメールを出すと、計画通りに行けば木曜日か金曜日には20人の女性にメールを出し終えています。

メールの返信は相手あってのことでもあり、すぐに返ってくることもあれば、なかなか返事が来ないこともあります。

返事が遅いからといって、その女性に脈がないわけではありませんから、メールを出してすぐ返事が来なくてもしばらくは様子を見ます。

それでも20人にメールを出すと、週末には3,4通の返信を得ているのではないでしょうか。

Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

首尾よく数通のメールが返ってくれば計画通りですが、もしそうでなければ、なぜ返ってこないかを調べます。

チェックすべき項目としては、プロフの作り込みが未完成のままでないかどうか、載せている写真に問題はないかなど、まず自分に関する事柄から始めます。

次いでメールの中身が適切であったかどうか、出した時間が相手に配慮したものであったかなど、コミュニケーションを始める際の基本的事項をチェックします。

不適切な箇所を見つけたら改善してやり直せばいいわけです。まるでトヨタ自動車の工場みたいですが、セフレ製造は要領を得れば、自動車を一台作り上げるよりはるかに簡単です。

このようにして数通のメールが来たら、後は PDCA サイクルの繰り返しです。メールをくれた女性の中からセフレを製造すべく、新たな計画を立て、業務を推進します。

通常だと、PDCAを4サイクルくらいさせればセフレ製造は完了します。1サイクルを1週間でこなせば、出会い系サイト利用から4週間で、乗り心地のいいセフレが納車されます。

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト