セフレ遊びのための「ピル」にまつわるマジメな話
出会い系でのセフレ遊び慣れてきた頃、誰もが通る道でもあるのが妊娠への恐怖

「その心配をする前の話」なんて思っている人でも、出会い系サイトを使いこなせば必ずいつかはそんなトラブルに見舞われる恐れがあります!

もしものために、ぜひピルの知識を習得しておきましょう!

ピルとは?

ピルと言えば「避妊薬」というイメージ。

確かに、避妊目的にも使われますが生理不順のコントロールや生理痛の緩和、また卵巣のう腫や子宮外妊娠を減少させる目的。さらには、ニキビ予防を目的にピルを服用する女性もいるくらいです。

ピルは経口避妊薬ですが、含まれている主成分は女性ホルモン。女性ホルモンを摂取することで、妊娠時と似たような状態に体を変化させます。

この女性ホルモンの影響により、避妊以外の効果も発揮できるのです。そのため中出しの避妊対策だけでなく、自分のために服用している女性も多くいます。(中には処女でもピルを服用している女性もいるとか!?)

一般的にピルは「低用量ピル」と「アフターピル」の2種類があります。

低用量ピル

低用量ピル
21粒、または28粒が1枚のシートになっている低用量ピル。

毎日決まった時間に21日間飲み続け、その後7日間の休薬中に生理がきます。ピルを飲んでいる期間の21日間は、避妊効果があります。

女性にとっては休薬中に生理が来るため、スケジュール管理にも便利ですが、再び飲み始める日を忘れやすいので、7日間は偽薬を服用する28日粒のタイプもあります。

低用量タイプは、セフレに飲ませて中出しさせるのに使えるピルです。

アフターピル

アフターピル

1粒、または2粒が1枚のシートになっているアフターピル。

こちらは妊娠の可能性がある際、緊急避妊の役割を果たすもの。簡単に言えば、うっかり中出しをしてしまった後に飲んでもらうピルなので毎日継続的に飲んでいく低用量とは、目的も飲み方も違います。

ピルによって服用方法が違いますが、基本的には中出し後72時間以内に服用。その後の服用は、妊娠のリスクが高まってしまい「大丈夫」とは言えません。

また1度服用したあと後、12時間後に2度目を服用するといった部分が、大きく違う点。この部分がピルによって違うので、注意が必要です。

アフターピルは、中出し後の緊急避妊薬として使えるタイプです。

ピルの入手方法は?

ピルは医師の処方が必要なため、産婦人科の受診が必要。初診料や診察料も必要ですが、ピルだけなら1シート3000円ほどが相場です。1回の受診で3か月分もらうとして、1万円以上かかる計算となります。また半年や年に1度、血液検査もすすめられます。

ですが今では、インターネットを使って個人輸入も可能。もちろん男性でも注文ができるので、セフレのためや万が一のために注文をしておくこともできます。

意外にピルを飲む女性も、値段を抑えるために個人輸入が主流。ノリで言えば、コンタクトレンズと似たような感じです。

ピルを飲めば絶対妊娠しないのか?

ピルは一時的に妊娠状態を体内で作り上げるもので、排卵を抑制します。排卵をしなければ、例え中出しをしても妊娠することはありません。

ですが、低用量ピルは毎日決まった時間に飲み続けることで、その効果を発揮します。また、アフターピルはより短い時間で、一気にホルモンを変化させるイメージです。

そのため

  • 実は毎日、低用量ピルを飲み続けていなかった
  • アフターピルの飲み方を間違っていた

といった状態なら、排卵が機能しているため妊娠の可能性はあります。

ピルの副作用について

ピルの副作用

男にとっては安心できるツールだけでなく、女性にとっても副効があり優れた効果を期待できるピル。まさに夢のような薬ですが、残念ながら副作用もあります。

基本的に体が妊娠状態と勘違いしているので、いわゆる妊娠中に起こるような吐き気、ほてり、倦怠感は副作用と言えるでしょう。

また、女性ホルモンには水分や脂肪を増やしやすい作用があるため、太りやすく感じることも……。「赤ちゃんを育てるために、栄養を溜め込みやすい」というマユツバな噂もありますが中には「ピルを飲んでも太らない」という女性も多いです。

ただし、気を付けたいのが喫煙女性の場合。

ピルの重篤な副作用としては血栓症があり、血管に栓ができて詰まりやすくなる可能性があるのです。そのため喫煙者の場合は、たばこにより血液の巡りが悪くなってしまうので、より血栓症のリスクを高めてしまいます。

35才以上でヘビースモーカーな女性なら、国内で医師の処方によるピルの受け取りは難しいでしょう。もちろん個人輸入なら購入できますが、それだけリスクがあるのは注意したいところです。

また、緊急避妊として使うアフターピルの場合。より短い時間で身体の変化を強制的に起こすので、低用量ピルに比べて強い副作用が出る女性が多くなっています。

ピルについて女性の意見

セフレ遊びのための「ピル」にまつわるマジメな話
実際「ピルを飲んでいる」または「飲んでいた」女性の意見を覗いてみると思っている以上に、悪い印象を抱いている人はいませんでした。

男からしたら避妊具だけのイメージですが、女性にとっては違うのです。

24才/A.Sさんの場合

ピルは社会人になってから飲み始めました。学生の頃みたく、予定日が気になって何度もトイレにいけないし……。ピルなら休薬中に来るってはっきりわかって便利ですね。わたしの場合、副作用もないし、友達との旅行では調整できるし助かってます。

29才/N.Yさんの場合

彼氏からすすめられて避妊対策に飲み始めたのが、きっかけです。彼とは別れちゃったけど、調べたら美肌ケアにも役立つとわかって、そのまま飲み続けてます。特に太りやすい感じもしないですね……。
とりあえずHの予定もないけど、便利だしこれからも使います。

25才/M.Wさんの場合

最初、時間通りに飲むのを知らなくって「2,3時間ならズレてもいいでしょ?」と結構適当に服用していたら、謎の不正出血になっちゃって……。なんか体調も悪いし、わたしには合わなかったです。でも、もし生で中出しされちゃったらピルしかないなって思ってます。

31才/K.Kさん

若かりし頃、ワンナイトのおじさまとエッチしたら、ゴムがやぶけちゃって……。緊急避妊薬の存在を知っていたのですが、あれってすぐ飲まないとダメなんですってね……。知らずに3日後とかに病院へいって怒られました……。結果、妊娠はしていなかったのですが、アフターピルはあらかじめ購入しておくのがいいと思って、万が一のために隠してあります。

正しい知識と使い方をすれば、妊娠のトラブルはないというのがわかります。中には、ピルとの相性が合わない女性もいましたが、基本的には服用している女性は不満もなく、これからも続けていきたい人が多数派となっています。

セフレへの進め方

セフレちゃん

セフレとどうしても中出しセックスをしたいなら、ピルを使ってもらうのが安全です。

副作用のネックもありますが、女性にとって一番の負担となるのは金銭面。避妊以外にも嬉しいメリットがたくさんあるので、ここは手堅くお金をだしてあげるのが良い方法と言えるでしょう。

もちろん、中出しするのが目的なので隠さず説明するのが大切。副効だけを伝えると万が一「飲むのが面倒くさい」となって、知らずに中出ししたら大変なことになってしまいます。

避妊のリスクを軽減させたいのは女性も同じなので、素直に説明するようにしましょう。

ただし、ピルはあくまでも避妊薬としての効果があるのであって性病まで防ぐことはできません。

お金もかかる話なので、ぜひ長くお付き合いしておきたいセフレちゃんにだけピルを飲んでもらうのが良いでしょう。

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト