出会い系→メール→デートの流れのまとめ

出会い系→メール→デート→セックスの流れをまとめました。

まずは直アドを聞く

まずは、何度かサイト内でメッセージをヤリトリしたあとに、直アドを聞きます。

それなりにヤリトリを繰り返しているのに、ここで、直アドを渋るようなら、もうその女性にはメールをしません。

そんなの手間がかかるし、どんどん次の女の子に行ったほうが、結局長い目で見ると出会いの確率はたかまるものです。

最近は、直アドではなくて LINE でヤリトリしたがる女性も多いので、準備しておきましょう。

直アドを受け取ったからといって、ばんばんメールをしてはいけません。直アドにたくさんメールが来るのを怖いと感じる女性もいます。

普通に、返事が来た時だけメールを返していけばいいでしょう。

電話に誘ってみる

メールの次は電話です。「一度、電話をしてみない?」と誘ってみます。なお、電話ではなくてLINEの通話機能を使えば無料だし、女性のほうも電話番号を教えずに済むので、喜ばれるようです。

直アドの時は、アドレスを教えてもらえなければ、すぐに諦めましたが、電話の方は断られたとしても我慢します。電話はダメだけど、会うのはOKって子もけっこういるのです。

電話の内容はありきたりでOKです。「声を聞いてみたかった」とか、「すごく楽しそうな女性なので話したかった」とか、ポジティブなことを話してください。

もしも、電話をしたとたんに、向こうがどんどん話してきたらチャンスです。きちんと相槌をうって、すごく楽しそうに聞いてあげてください。彼女は、「この人との会話は楽しい!」とおもってくれますよ。

もし、うまく話せなくても大丈夫。きちんと話を聞いてあげたら、女性も悪い気はしませんし、あんまり話すのがうまいとチャラいと思われる可能性もありますから。

電話ではあんまり畳み掛けないようにして、適当なところで切り上げてください。電話のあとは、かならずお礼のメールをしてください。お話出来て本当に良かったということを伝えてください。

そして、そのあとで、メールで、会ってみないかと伝えましょう。

デートに誘う

食事の話に持ち込んで、ご飯を食べに行く約束をするとスムーズですね。

「◯◯ちゃんは、イタリアンが好きなんだ。だったら、素敵なお店を知っているよ。よかったら一緒に行かない?」みたいな感じです。

ここで、迷うような素振りを見せず、はっきりと断られたら、別の女性を探しましょう。単に出会い系サイトを暇つぶしに使っている女性ですね。

もし、迷っているようだったら、今回はいったん引いて、またしばらくメール交換をしてみてください。

人は繰り返し接したものに好意を持つようにできています。何度も見たり聞いたりしていると、好感を持つのですね。CM で繰り返し見ている製品を買いたくなる背景にはこういう心理があるわけです。

これを心理学用語で単純接触効果といいます。ロバートザイアンスという心理学者が発表したことから、ザイアンスの単純接触効果、あるいはザイアンス効果とも呼ばれたりします。

出会い系サイトにも、この単純接触効果を利用しましょう。たとえ、いったん断られたとしても、メールを続けているうちに、すこしずつ彼女はあなたに好感を持つようになります。

ここまで来たらあせらずじっくり行けば、かならず彼女をデートに誘うことができます。

デートで仲良くなってセックスに誘う

さて、女性と会いました。なんとかしてセックスをしたい。セックスをするためにはまずは仲良くなる必要があります。

どんな会話をするべきでしょう。どんな会話をしたらスムーズに仲良くなれるでしょう。

実は、女性との会話では、面白いこと・気の利いたことを言う必要などありません。

ではどんな話をするか?

女性と仲良くなるためにどんな話をするべきなのか?

女性には気持ちを伝える

女性というのは、本能的に、いつでも危険から逃げることを考えています。

だから近くにいる人の感情の起伏がわかりやすいと安心します。

あなたは、たとえば「いま楽しい」という「気持ち」を伝えてあげればいいんです。

  • 今日は天気がよくて気持ちいい
  • 食べ物が美味しい
  • 一緒にいると楽しい

そんなことで十分です。

そして女性が、感情を出してきたら、それに共感することが大切。

「雪が降っていて寒くてつらい」といわれたら、「そうだね、さむいね~」と共感してあげてください。

そうやって感情の交換をおこなえばおこなうほど親密になっていきます。

女性にとって「なにを考えているのか、感じているのかわからない」男ほど、つまらないものはありません。

ドラマの中ではクールな二枚目が受けるのかもしれませんが、実際には、そんな男とセックスするのは不安でしかたないんです。

楽しい時に笑って、つらいときには一緒に悲しんでくれる男性とこそ、体を重ねあわせたいと思うのが、女性の普遍の真理なのです。

仲良くなるために女性に何を聞くべきか?

出会い系→メール→デート→セックスの流れのまとめ女性への質問も同じです。

5W1Hみたいな質問をしてばかりの人がいますが、それではだめ。

5W1Hとは、

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

という6つの要素をまとめたポイントですね。

会話のヒントにしている人も多いかと思います。

しかし、こんなことを聞いたところで、女性と仲良くなるのは難しい。

重要なのは5W1Hにあわせて「そのときの感情を聞くこと」です。

「いつ○○をして、そのときにあなたはどう思ったのか?」

を聞いてください。

自分が話すときも、必ず感情を交えてください。

会話とは感情の交換です。情報の交換ではありません。

情報なんていくら交換してもセックスはできません。

しかも、情報の交換っていうのは、話が盛り上がらないし、すぐに会話が終わってしまいます。だって、他人が何をしたのかなんて興味がありませんから。それに情報の交換っていうのは、事実の羅列なので、返答が短い。だから、どんどん次の質問を考えなければいけない。こんなのはもはや苦行でしかありません。苦行の先にセックスがあるわけはないんです。

感情を交換して近づいていくから、その先にセックスがあるんです。「わたしたちは楽しんでいる」と思うから、その先にセックスがあるんです。

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト