o0705047011746404855セックス・フレンドというと、なんだか男ばかりが求めている印象ですが、実態はそうではありません。

重くて責任が伴う恋人同士の関係より、セフレという気楽な関係がいいと思う女性も確実に増えてきているんです。

それに、女の子だってエッチがしたいというのは間違いありませんからね。それを表に出さないだけであって、本音のところでは気持ちいいセックスがしたいんです。特に、生理前や生理後は「めちゃくちゃ性欲が高まってチンコが欲しくなる!」という発情モードになる女の子は多いようです。

逆に生理中は性欲はほとんどない子もいるみたいですね。こういう女の子たちは生理中にも関わらず身体を求めてくる彼氏には心底イラつくそうですし、それをやんわりと断るためになんでこっちが気を使わなきゃいけないの!?というイラだちもあるそうです。

でも、セフレであればそんな気を使うことはないですからね。もしあちらから呼ばれたとしても「生理だから無理」の一言で済みます。彼氏であれば「生理であっても一緒にデートくらいはできるでしょ?」と無理やり引っぱり出されるかもしれませんが、セフレであれば

生理でセックスができない=会う意味が無い

という理屈で断ることができます。女の子にとっても、セフレというのは便利でありがたい存在として認知されつつあります。そんなセフレ願望のある女子が望む、セフレにしたい男の特徴は以下の様なものがあるそうです。

その1.セックスが上手い男

やはり、女の子がセフレの男に求めるものはセックスです。セックスが上手い人もいれば、下手な人もいます。恋人同士のセックスであれば、テクニックの有無はあまり問われません。結婚を視野に入れたような真面目な恋人同士であれば、よほどカラダの相性が悪くなければ「手マンが下手くそだったので別れた」なんてことはあまり聞きませんからね。

恋人同士におけるセックスというのは、セックスそのものを楽しむよりもお互いの愛を確かめ合うおもむきが強いといえます。いかにGスポットをうまく刺激できるかというよりも、相手のことを抱きしめて頭をなでてキスしてあげるほうが、よっぽど女の子は満足するものなんです。

ただ、セフレ相手にそれはあまり通用しません。むしろ、セフレとはキスはしないなんてルールをもつ人もいるくらいです。単純に求められるのはテクニックだったり、複数回のセックスにも耐えうるだけの体力や精力なのが現実です。

体力は筋トレやランニングでなんとかなりますが、セックスのテクニックというのは一人ではどうしても練習できないもの……。セフレは欲しいけど、テクニックに自信はないし練習する相手もいない、という人はどうすればいいのか?

それは簡単です。自分はテクニックに自信がある、といってセフレを探せばいいんです。

だって、テクニックが下手なのがバレる時というのはセックスをしている時ですからね。逆に言えばセックスをするまでバレることはないんです。

まあ、半分詐欺みたいなものですけどね(笑)ただあくまで自信があるというのは自己申告なわけですから、ちょっと大げさに言ってしまってもいいんです。

いまはハウツー本もたくさん出ていますし、検索するだけでもいろんな情報ができますので、それを仕入れて実践で試してみる、ということを数回繰り返せばかなりの勢いで上達できるはずです。それに、セフレを探している女性の全員が経験豊富というわけではありません。この人はテクニックに自信があるって言ってるんだからきっと気持ちが良いはずなんだ、自分の体がまだ未開発なだけなんだ……!なんて風に思ってくれる女性と知り合えたら儲けものです。その後、いくらでも練習できて成長できますからね。

大事なのは自信満々でいること。セックスにはちょっと自信がないけど……なんて保険をかけるのは絶対にNGですよ。

その2.彼女やセフレなど、他に関係をもつ女性がすでにいる男

こんな男をセフレにしたい!女性が男性に求める7つの理想のセフレ像とはこれは男からもいえることですが

セフレと思っていた相手に真剣になられると困る

というケースがあります。男性であれば「あなたと結婚する気だったのに!どう責任をとってくれるの!?」なんて言われたら迷惑この上ないですし、女性からしても「僕には君しかいなかったのに……僕を振るなんて許さない!」といった具合にストーカー化してしまうのは避けたいですからね。

そのため、自分以外に関係を持っている相手がいるのは、かなり安心できる要素なのです。その時点で、すでにお互いに遊びとわかっているという前提が成り立ちますからね。関係をもつのも簡単なら、関係を断つのも簡単といった印象を与えることが出来ます。

浮気は男の甲斐性なんて言葉がありますが、生活や気持ちに余裕が無いと複数のセフレを同時にもつことなんて出来ませんからね。女というものは余裕や包容力のある男には総じて弱いものなんです。そういった男は「女の遊び方」を知っていることが多いですし、男女間のもつれでグダグダしたトラブルなんかはまず起こらないだろう、と安心してもらえるわけです。

その3.自分との関係を外に漏らさない男

セフレという関係に慣れていない男だと、ついつい「自分はセフレをもっているんだぜ!」と自慢したがってしまうものなんです。セフレを持つ=男として優秀という思い込みをしてしまうわけですね。

たしかに出会い系やLINEの存在しない昭和の時代だったら自慢に値することだったかもしれません。

でも、今はぶっちゃけだれでも簡単にセフレが作れる時代なのでそう威張ることのほどでもないというのが現状です。

今まで接点のなかったひととネットを介してセフレになった場合はそこまで気にするポイントではありませんが、自分のリアル生活の範囲内でセフレを作る場合はまず第一に気をつけたいポイントですね。口の軽い男をセフレにしてしまったら、あっという間に噂が広まってヤリマン女として名を馳せてしまうかもしれないのですから。

そもそも、ベラベラと喋る男というのは女の子にはウケが悪いものです。女の子を話を黙って聞いてあげて、同調してあげる。男に求められるのは懺悔室の神父さんのようなものなのですから。

その4.自分のことを褒めて同調してくれる男

先ほどの話のちょっとした続きでもありますが、女性がセックス並……もしかしたらそれ以上に快感を覚える行為があるってことをご存知でしょうか? それは自分のことを認めて、同調してくれる存在が現れた時です。

褒められて嫌な思いをする女の子なんてのは存在しません。いきすぎたおべんちゃらなお世辞はNGですが、服や雰囲気を褒めてもらえるというのは、女の子からしたらとても嬉しいことなのです。

そんなことめんどくさいじゃん……と思う男の人も多いことでしょう。わたしもそう思っていました。でも、考え方を変えたんです。

例えばですが、セックスメーターのようなものがあると思ってください。その女の子のセックスメーターが上限まで達するとその子とセックスができるという設定です。相手の気分がよくなるごとに、こちらに好印象を持つごとに+3や+5されて溜まっていき、上限である100を目指すんです。まるでゲームかなにかに思えるかもしれませんが、実際問題としてこういったメーターというのは現実の女の子に内蔵されているようなものです。

当然、女の子とはセックスが目的ですので、どうせなら早くそのメーターを効率よく溜めたいですよね。そこで効果的なのが相手を褒めたり、相手の言うことに同調してあげること。

セックスの時だってまずは前戯をしますよね。前戯をすることでマンコが濡れてチンコの受け入れ体勢が整うわけです。つまりセックスをするためには必ず必要なことですよね。でもダラダラと前戯をするの面倒なので、いち早く快感を与えて濡れさせるために男は検索するわけです。「前戯 テクニック」やら「手マン コツ」といった感じで。

前戯のコツなんてのは相手にもよりますし、自分の熟練度にも大きく左右されますが、相手を褒めて同調するだけなんてのはとても簡単です。だれでも今すぐできます。それにせっかくセックスをするなら気分よく気持ちよくなりたいですからね。まるでお姫様かなにかのようにもてはやしてあげましょう。女の子が求めているのは「自分を気持ちよくしてくれる存在」です。前戯のテクニックで相手を肉体的に満たすことは技術と練習が必要ですが、相手を褒めるだけなら誰で誰でも簡単にできますからね。活用しない手はないですよ。

その5.お酒が飲める男

こんな男をセフレにしたい!女性が男性に求める7つの理想のセフレ像とはお酒が飲めない女の子であれば別ですが、それなりに飲むような女の子でしたらやはり飲み友達としても「使える」男のセフレというものは重宝されます。やっぱりお酒を飲むと気持ちが良いですからね。そんなほろ酔い気分でするセックスっていうのも普段とはまた違う楽しみが味わえるものです。

それに、いくらセフレとはいえ毎回シラフで会ってばかりだとちょっとつらいものがありますよね。ふとしたことで現実に引き戻されたりしますし、それがきっかけで急に飽きてしまったり罪悪感を覚えてしまったり……やはり今の世の中はまだセフレというものはおおっぴらには言えない関係です。世間的な価値観でいえば、はしたない行為ですからね。

そういった人に話せない関係というのはなにかとストレスが溜まったりするものです。そんなストレスを解消してくれるものといったらやっぱりお酒が一番というわけです。

楽しく、フランクに!というのはセフレのもつ最大のメリットといえるでしょう。

その6.ケチすぎない男

女性が求めるセフレとしての理想像に収入はあまり関係ありません。ただ、毎回のようにファミレスや安居酒屋で食事を済ませて、ホテルではなく男の狭く汚い部屋でセックスしてばかりでは、いくらセックスが上手でも「そんなにわたしにお金をつかうのが嫌?」と思われて、長続きはしないものです。

たまにでいいので、ちょっと話題のレストランにつれていってくれたり、部屋がキレイで広いハイランクなラブホテルでエッチをする。そんな緩急のある付き合いをしてくれるセフレというのは非常に評価が高くなるそうです。

普段はファミレスや男の家でもいいんです。ただ、それがずっと続くのはNGという話ですね。

もっとも、男からしたら適当に安く済ませてキープしておきたい、それを理由にフラれたら別にそれはそれで、という程度のセフレもいますからね。

この女を手放すには惜しい!そんな当たりセフレと出会えた時には、長続きするように心がけるのがいいですね。

その7.アブノーマルなプレイをしてくれる男

こんな男をセフレにしたい!女性が男性に求める7つの理想のセフレ像とはセフレというからにはやはりメインはセックス。でもそのセックスが毎回同じではやはりマンネリ化してしまうもの。普通の彼女とデートをするときも、毎回映画館に連れて行くというのはあまりにも芸がないですからね。また映画館なの?とそっぽを向かれてしまうもの。

それはセックスについても同じことですし、セフレであればより気をつけるべきであります。なにもSMプレイを勉強しろというわけではありませんよ。ただ、ソフトSM程度のものでいいんです。

ちょっとした目隠しプレイだったり、バイブやローターを買ってみたり。そんなちょっとした変化でいいんです。セフレにしろ恋人にしろ、最大の敵というのはマンネリズムです。どうせセックスを楽しむなら、こっちも心から楽しみたいですからね。

それに誰にだって人に言いにくい性癖なんてものがあるものなんです。例えば僕はおしっこを浴びるプレイが大好きなんですが、本命の彼女には打ち明けたことがありませんでした。だって、そんなことを言って嫌われたら、フラれたらどうしよう……。なんて思っちゃいませんか?そういった人って男女問わず、多いと思うんです。

でもセフレ相手ならそんなことを気にする必要はないですからね。だってセフレなんてのはいずれ終わるということが確定している関係なんです。なので打ち明けたところで関係が終わってしまったとしても、それは別れるのが数ヶ月早まっただけなんです。恋人同士であれば、もしかしたら結婚して子供をつくって幸せな家庭を築いていたかもしれないのに……なんて後悔も生まれてしまいますが、セフレに限ってはそんなことはありません。

セフレは始まるのも気楽なら、終わるのも気楽なものです。そこにメリットを感じた男女がセフレとしてつながっているわけなんですね。

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト