20140717194612ef7-e1429007996879まず、覚えておきたいのは人妻をセフレにするのはとても簡単ということ。ゼロの状態からまずセフレをつくりたい!となったら人妻狙いから始めるのが鉄板でしょう。

熱帯魚を飼ってみたい、という人がまず入門用におすすめされるのはグッピーですよね。人妻というのはセフレ界における、まさにグッピーのようなものなのです。

ちなみに、熱帯魚の世界ではこんな言葉があります。

「グッピーに始まり、グッピーに終わる」

つまり、初心者にもおすすめできる簡単な魚でありながら、それを突き詰めようと思ったら上級者でも決して終わりのない高みまでも味わうことが出来る。そんなグッピーの奥深さを語った言葉なのですが、これは人妻にも当てはまることでしょう。

「人妻に始まり、人妻に終わる」

わたしのセフレづくりはまだまだ終わる予定はありませんが、最後は人妻で締めてみるのも一興かもしれませんね。

そんな人妻をセフレとした時のメリットとデメリットをまとめてみました。これから人妻をセフレにしてみたいと思う人は、ぜひ参考にしてみてください。

人妻をセフレにするメリット

その1.とにかく簡単にセフレにできる

最初に言ってしまったことなのですが、これが最大のメリットでもあります。とにかく簡単。ほんとうに簡単にできちゃうんです。必要なことといえば、セックスをしたがっている人妻を探すことだけ。出会い系に登録するような人妻というのはほぼ間違いなくセックスを求めています。つまり、出会い系に登録している人妻というのは「わたしをセフレにしてください」と書かれた板を首からぶら下げているようなものなのです。

そして、こういう人妻たちというのは、決して今の生活そのものを壊されることは望んでいません。

「子供のことだってあるし、親や世間体のことを考えると離婚まではしたくない……。でも、もう夫に男としての魅力は感じないし、とうにセックスレス。それでもやっぱり、性欲はあるからエッチしたいし、わたしも女性として男性からアツく求められたい!」

と、いったところでしょうか。出会い系に登録する人妻というのは、その多くがこのようなことを考えていると思ってください。だいたい、結婚しているのに出会いを求めて出会い系に登録している時点でおかしいのですから(笑)まともな人はいないと思ってください。

要は今の生活にくわえて見知らぬ男とセックスして女としての悦びを味わいたい、ということなのです。そのため、変に本気になられたりしても困る……というのが本音なのでしょう。あくまでも割りきった不倫としてセックスを楽しみたいだけなのですから、目指すところはセフレという関係そのものなのです。

お互いの需要を満たし合うことが出来る、まさに理想の関係と言えるでしょう。Win-Winの関係とはこのことです。お互いの求めているものが同じなのですから、変に気取っておしゃれなレストランでのデートなんかも必要なく、会ったその日にセックスだって普通です。人妻って、ほんとにラクショーなんですよ!

その2.別れる時が面倒にならない

セフレに関して何が一番面倒かといえば、それは別れる時だったりします。なにしろ未婚で若い女子大生なんかをセフレにした日には、うまく行っているときはいいのですが、セフレという関係上どうしても飽きますし他の女に目移りしたりで長続きはしないものです。大抵の場合は3ヶ月~半年くらいで自然消滅したり、別れたりするものですが……。そうはいかず「わたしは恋人同士であり、彼氏彼女だと思っていた!責任をとってほしい!」なんてふうに面倒なことになることもしばしば。

わたしも何度かあったのですが、ひどいときはそのセフレだった女性からストーカーまがいのことをされたり、わたしの別のセフレに対して脅しをかけたりするという、実にはた迷惑な存在になってしまったことがあります。いわゆるメンヘラと呼ばれる、地雷を踏んでしまったわけなのですが、その時は引っ越しをせざるをえなくなるまでに追い込まれたこともありまして……それ以来、若い未婚の女の子をセフレにするときはとても慎重になっています(笑)

しかし、人妻であればそういった点はいっさい心配ありません。

なにしろ、旦那というれっきとした正式のパートナーが居るわけなのですから。多くの人妻はただセックスできる相手を求めているだけであり、離婚なんかは考えていません。なので、こちらからもう終わりにしようといえば、すんなりと受け入れてくれるものなのです。

相性が良ければ引き止めてくるかもしれませんが、結局は旦那や家庭という背負ってるものがありますので、深追いは決してしてきません。始める時も簡単で、終わらせるときも簡単。ああ、なんて素晴らしいのでしょうか人妻セフレ。

その3.セックスが刺激的

人妻セフレのメリット・デメリットまとめ若くてかわいいだけの女の子とのセックスって、すぐに飽きてしまうんですよね。なにしろ、そのセックスにストーリーもバックグラウンドもなにもないんですから。盛り上がりに欠けますし、なんならそのへんの風俗嬢を抱いているような感覚に陥ることもあります。いろんなセフレを渡り歩くうち、セックスに重要なのはおっぱいが大きいとか、そういうのじゃないって気づいたんです。いや、おっぱいの大きさは重要ですけどね?それより大事なものがあったんです。

それはシチュエーションです。他人の妻を、ラブホテルに連れ込んで、これからめちゃくちゃセックスする、と。そういう背徳感こそがセックスを盛り上げてくれる何よりのスパイスになるのです。そう感じているのはこちらだけではなく、むしろ人妻側のほうがその気持は大きいかもしれません。「わたし、イケナイことをこれからするんだ……」という期待感。そして、結婚したばかりのころや子供のことを思い出して「ほんとにこんなことしちゃってていいのかな……」という罪悪感。その二つが交じり合ったセックスというのは、ただ若いだけの女の子とするセックスとはまったく違うものなんです。

性的欲求も普段から溜まっていることもあって、エッチそのものに対して積極的にいろんなことをしてくれるのも魅力ですね。わたしはよく、ラブホテルの部屋の中に入った途端に、不意打ちでキスをしてそのまま脱がして乱暴にセックスを始める……というプレイが好きでやっていますし、女性からも好評をいただいています。

なので、今回も襲ってやろう……と思ってドアを締めた途端、逆に人妻の方から襲われたことがあります(笑)その時は本当にびっくりしましたし、こちらも一気にスイッチが入って最高に盛り上がってしまい、これまでにない情熱的で激しいセックスを楽しむことが出来ました。これまでいろんなセフレとセックスをしてきましたが、あれが間違いなく最高のセックスでしたね。

その4.お金がかからない

セフレはそもそもお金がかかりにくい関係ではありますが、人妻であればなおさらです。若い女の子ですとどうしても食事やちょっとしたデートなどを求められますが、人妻に関しては本当にドライな付き合いで、セックスだけの関係というのが多いですね。待ち合わせしたあとはまっすぐホテルに向かいますし、ことが終われば現地解散、なんてこともあります(笑)

ホテル代だけでセックスを楽しめますし、自宅へ呼ぶことに抵抗がない人であれば、それこそ0円でセックスしまくれるという夢の関係が築けるわけですね。いま、若い世代が恋人を作らないことが問題になっているのをご存知でしょうか?その理由としてはお金がかかることを嫌がる人が多いんだそうです。1回のデートに数千円かけて、いきたくもない遊園地に付き合わされて、それでやっとセックスが出来たとしても……それなら好きなときに好きなだけヤレる風俗でいいじゃん!と考えて恋人を作らないんだとか。

そういう人たちにこそ、人妻セフレがぴったりだと思うんですけどね。自分の趣味に口出しされることはありませんし、セフレという関係なのですから、自分がどれだけ別なオンナを作ってセフレにしていようがこちらの自由です。自分の自由が最大限に保障されて、セックスだけは楽しめるセフレってやっぱり素晴らしいものだと思います。

その5.扱いやすくて従順

人妻セフレのメリット・デメリットまとめ出会い系に登録する人妻というのは、ほとんどの場合は旦那とうまくいっていません。そして、それを寂しく思っているため、その寂しさを埋めようとして出会い系に登録している……という流れなわけですね。もはや愛情がなくなった旦那とはいえ、やはり人から相手にされなくなるのは悲しいことなのでしょう。

「もう男に捨てられたくない、飽きられたくない」という女としての根源的な願望があるのです。

セフレという関係にもそれを求めるのでしょう。なんとかしてわたしのことを見て欲しい、捨てないで欲しいという気持ちからなのか、こちらの言うことはけっこうなんでも聞いてくれたりするものなんです。

旦那が高所得者で裕福な家庭であれば、食事代やホテル代をおごってくれる人も多いですし、プレゼントをくれたりする人も。こちらから要求しなくても、あちらから勝手にそうしてくれるのです。

そういった金銭面だけではなく、セックス面においてもこちらの言うことはなんでも聞いてくれたりします。アブノーマルなプレイだって、恥ずかしがりこそすれど、その内心では待ってましたと言わんばかりに喜んでいるのではないか、と思わせるほど。結局、人妻がほしいのは「刺激」なわけですからね。非日常な空間でアブノーマルなプレイを楽しむというのは、まさに刺激そのものなのでしょう。中にはおしっこを頭からかけても嫌がるどころか嬉しそうにする人妻だっていました。

この人にもかわいくて小さな子供がいて、いまもお母さんの帰りを待ってるんだろうな。そして旦那とだって結婚当初はラブラブで将来を誓い合った仲。そんな女性に対して、頭からおしっこをかけているのに、その女性ときたら嬉しそうな顔をしている……。そんな普通に生きてたら絶対に味わえないシチュエーションを味わえるのも人妻セフレならではですよね。

人妻をセフレにするデメリット

その1.バレたときが面倒

当然ながら、人妻とわかっていてセックスをするのは不倫行為になります。なのでバレてしまうとなにかと面倒になりがちなのですが……いざ責任を取らされるかといえば、それは気をつけていれば逃げ切ることも十分に可能です。

まず第一に、こちらの個人情報は決して渡さないこと。

本名や住所、電話番号なども教えてはいけません。教えていいのはフリーメールアドレスやLINEなどの使い捨てできる連絡手段だけ。名前は、偽名を使うべきですが、もし教える場合は下の名前だけにしましょう。

慎重に行きたいなら必ずラブホテルを利用しましょう。未婚の女性とセックスをするのであれば自宅でもなんら問題ありませんが、人妻となるとリスクのある行為になってきます。

そうしておけば、もし人妻側で浮気がバレたとしても、こちらからブロックしてしまえばそれまでです。決してこちらの身元が割れる心配はありません。

不倫で慰謝料をとられるケースというのは、知り合い同士の不倫など面識や身元がはっきりしている場合がほとんどです。どこの馬の骨かわからない出会い系で知り合ったような男とした不倫というのは、旦那側からしてもそこまで執拗に追い詰めようとは思わないものなのですから。

その2.会える時間やタイミングが制限される

これが人妻セフレ最大のデメリットかもしれません。セフレというのは、セックスをしたい時に気軽にセックスが出来る、というのが大きな魅力なのですが、人妻となるとなかなかそうはいかないものです。わたしは平日の昼間にもある程度は自由に動けるのでその点はかなり恵まれている方だと思いますが、一般的なサラリーマンの人であればそうはいきませんからね。

平日の夜や土日にしか自由に動けない……となると、人妻とのセフレ関係というのはなかなか難しいかもしれません。なにしろ、人妻の多くはサラリーマンの旦那を持っているわけですから「自分が自由な時間は、相手が不自由な時間」に直結してしまう可能性があるわけです。旦那が家にいるのに、不倫セックスに出かける勇気を持つ人妻というのはなかなかいませんからね。

夜勤の旦那を持つ人妻だっていますし、一人で出かけても怪しまれない人妻だっています。一概に言えることではありませんが、やはり日本男性の多くはサラリーマンであることを考えると、確率的にはどうしても難しくなってしまいますね。

人妻セフレのまとめ

メリットとデメリットを見比べた場合、やはりメリットの方が圧倒的に多いことがわかります。だからこそ、これだけ人妻セフレが人気なのでしょうし、実際問題としてもセフレ関係になっている人妻というのは多いですからね。

人妻っていったらなんか所帯じみてておばさんくさいし……若い女の子のほうがいいに決まってるよ! と、食わず嫌いをしている人も多いのでしょう。

だからこそ、人妻は競争率が低くてなおさらセフレにしやすい状況もあると思います。しかし、これを読んだ人であればそんな偏見は一度捨てて、人妻とセックスをしてみることをオススメします。きっと、ビックリするほど気持よくて、ハマってしまうことうけあいなのですから。

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト