出会いサイトでセフレなんてホントに見つかるの?

ここでは出会い系サイトを通じて本当にセフレができるのか検証していきます。

イメージとして、「出会い系サイトは危なっかしいから手を出したくない」、「それだったら普通にTwitterとかで可愛い子を見つけて連絡を取る方が確率が高そう」と考えている人もいるかもしれません。

しかし今、そのイメージは逆転してきています!

出会い系サイトよりコミュニティーサイトの方が危険

出会い系サイトは平成20年の法改正に伴って悪質なサイトかめちゃくちゃ減りました。警察庁は過去10年のコミュニケーションツールを使った被害児童数というものを発表しています。

平成19年には1,100人も出会い系サイトによる被害児童がいたんですけど、平成27年にはなんと93人にまで減っています。10分の1まで減少。

この背景には出会い系サイトの安全性が高まったこと、ツイッターやブログ、Instagramなどの利用に移行していることが理由として考えられそうです。

逆にTwitterやブログなどを経由した被害児童はどうなっているのか。

平成20年には792人でしたが、その後右肩上がりに上昇を続けて、平成27年には1,650人にまで増えてしまいました。

出会い系サイトの被害者は10分の1まで減ったのに対し、コミュニケーションツールを使った被害者は2倍以上に増えてしまっているんですよ。

出会い系サイトの利用者が減ってきたというのももちろん考えられますが、最近の流れに沿って悪質な業者もTwitterやブログを経由した誘導を考えているところが多くなってきたと言えそうですね。

コミュニケーションツールのデメリット

Twitterやブログを経由してセフレを作ろうとした場合、もし失敗したらリスクがめちゃくちゃ高いというのが難点です。ツイッターやブログをやっていれば過去の履歴が公に残ってしまいますね。

極端な話、それがきっかけで通報されたら一発で捕まる危険性もあります!

仮に自分の顔など容姿をさらけ出していなくても、自分の住んでいる地域、購入したものなどをきっかけに身元が特定されちゃうことがあるんですよ。

Twitterは気軽に様々な人と連絡が取れるという反面、自分の事も相手にバレてしまう可能性が高いツールです。

もっともTwitterやブログは出会いを求めてやろうと考えている人が少ないですから、相手に不信感を持たれれば、その時点で警察に連絡されるなどの最悪な事態を招きかねません。

また出会い系サイトと違って、もし相手に拡散されたら、世間全体に「ヤバい奴」という情報が知れ渡ってしまうことも考えられます。そこでもし写真なんてさらされたら人生終わるぐらいの勢いで、最悪な状況に追い込まれてしまいますね。

やはりセフレを探すなら出会い系サイト!

セフレを効率的に、しかもトラブルなく探すならやっぱり出会い系サイトの利用が一番です。

冒頭で紹介したように平成20年からの出会い系サイト規制法によって届出をしないと事業者は出会い系サイトを運営することができなくなっていますから、かなり安全性は増しています。

サイト内の監視による強化や年齢確認などの対策がとられているサイトばかりです。これだけ安全性が高まれば安心して利用する女性も増えていますからね。

ただそういった警備が厳しい状況になっているのでセフレが欲しいというようなあからさまな書き込みは厳禁です。

徐々に仲を深めていき、実際に会ってからそういった行動(セフレを作る)をとればいいので、サイト内では不要な書き込みをしない方が良いです。

あくまでも出会いのきっかけとして利用し、そこでは紳士的に振舞ったほうがいいですね。

プロフィールをチェックしてセフレにできそうな女の特徴とは?

セフレにできそうな女性はどうしてもそれがニュアンスに出てくるときがあります。下記のような発言や特徴があるときはチャンスです!

  • 一人暮らしをしている
  • 彼氏と別れたばかり
  • 暇な時間が多い
  • ご飯に誘うとノリが良い
  • 予定を自分から言ってくる
  • 最近ストレスがたまっている
  • 自分から異性の話を振ってくる
  • 彼女がいるかどうか聞いてくる
  • 「ストライクゾーンが広い」と発言してくる
  • 太り気味の女性

このような発言をしてくる女性は明らかに相手に隙を与えていることを意味します。その流れに乗って男性からもちょっと突っ込んだ話をしてみましょう。

「暇」と発言してくれば、迷わず誘って実際にいつ会えるのかという具体的な話を進めてみましょう。

そしてセフレの女性の特徴の中で、一つだけ身体的特徴を挙げてみました。「太り気味の女性」というのはなぜセフレが多いかというと、自分に対して節制したり、規則を厳しく行わないという性格的特徴があるからです。

もちろん全ての人が該当するわけではありませんが、痩せている人よりもそういった傾向が出がちです。また、そんな自分(太っている自分)でも好きになってくれる男性を、好意的にとらえるためセフレが多くなっています。

実際にどういったトークでセフレまで持っていくのか?

出会い系サイトを利用するときでもセフレを作りたいというような雰囲気を醸し出すのは危険です。

まずは普通に友達みたいな感覚で喋って、ご飯に誘いましょう!そして、できれば金曜日や土曜日など次の日が休みの曜日を指定し、ご飯を食べ始める時間も夜8時や9時など若干遅めがベストです。

カラオケや映画などでも良いのですが、やっぱり最も手っ取り早くセフレを作るならご飯に行ってお酒も注文すること!

強いお酒を飲まして酔わせてやろうという考えではなく、ついつい飲んじゃうようなオーダーの仕方がポイント! 女性が好きそうなフルーティーなお酒を注文して気持ちよく話すことができれば、ついつい女性も飲んじゃうはずです。

そうなれば段々と気を許してくるのでチャンスです。決して「ホテルに行こう」と誘うのではなく、「ちょっと休憩してから帰る?」などと気楽に誘うことがポイントです。

メールの段階からラフな感覚で相手の状況を見ながら進めていけば、セフレが作れるはずです。

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト