セフレ作りにはロールキャベツ男子風アプローチをすべき出会い系サイト等を通じて簡単に出来ると思っていても、セフレを作るのって意外と難しいですよね。

なかなかセフレが出来ない人は、そこに至るまでのアプローチの仕方に失敗している可能性が高いのです。

なぜセフレができないのか?

出会い系サイトを通じてセフレを見つけたい男性は、「欲望が露骨に出てしまっている」可能性があります。

「セフレ=割り切った関係になりたい」と考えている男性が多いですから、余計なやりとりや無駄な会話は出来るだけしたくない、という考えが働きます。

その結果、配慮のない言葉をかけたり、気を使った発言ができなくなります。

セフレを作るには、じっくりと時間をかけることが必要です。

前触れもなく、

  • 「今日の夜会える?」
  • 「今彼氏いないんだったら付き合おうよ。」
  • 「今晩一緒に過ごさない?暇なんでしょ?」

などと心の歩み寄りがない段階で、いきなり誘っても断られるのがオチです。

アプローチが遅い男

逆に、相手に警戒心を持たれないようにと、時間をかけすぎてしまう男性もいます。しかし、そもそも出会い系サイトなどの異性交流の場にいる女性は、「男性と接したい」と考えている人がほとんど。

それなのに、ネチネチと長い間やり取りをすると、次第に愛想をつかされてしまうことがあります。仮に1ヶ月以上もたわいもない会話だけをしている男性は、女性にとってあまり魅力的に映りません。

ちょっとドキドキしたり、危険な魅力があるぐらいのほうが女性はときめきます。

草食系男子は、次第に「優柔不断な男」というマイナスイメージに変わってしまう可能性があるので、注意しましょう。

人気なのはロールキャベツ男子

そこでオススメなのが、ロールキャベツ男子

ロールキャベツ系男子とは、一見、草食系に見えて、中身は肉食系である男子のことをいいます。

草食系に見えるために、女性は警戒心を解いてくれるのです。

見た目はおっとりしていたり、爽やかな感じなのに、ちょっと深い関係になってくると、男らしいところが見えてくる。

そんな男性に、魅力を感じる女性が圧倒的に多いです。最初はそんなに積極的でなくても、自分に対してだけ優しかったり、甘えてくる男性は、女性もついつい気を許してしまうもの。

基本的な礼儀をもってある程度仲良くなったら、「今度ご飯に行きましょう」と誘ったり、「2人で映画を見に行きましょう」と男性のほうから誘ってみましょう。

リードする男性を女性は好みます。

「嫌われたらどうしよう」などとネガティブなことは考えず、ある程度、仲良くなった後は「当たって砕けろ!」ぐらいの気持ちで、男らしい一面を見せることが大切です。

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト