セフレとお金の関係

セフレを作りたい! でも、女性へのアプローチの仕方やSEXのテクニックもさることながら、「お金」の問題も気になる。そんな悩みもありますよね。

セフレはSEXだけの割り切った関係で、通常は金銭の問題がからむことはありません。

しかし自分の経済力に見合わない出費を重ねてしまったり、反対に安く上げようとし過ぎてしまうと、結果として金銭問題でこじれてしまい、面倒なことになりかねません。

セフレにはいったいどのくらいの「お金」がかかるのでしょうか?

セフレとお金の関係を理解し、トラブルを回避しましょう。

セフレにかかる費用

セフレ1人当たりにかかる費用をザックリと計算してみましょう。

女性のタイプによってもお金のかかり具合は変わってきますが、「30歳前後、独身(会社員)、セフレという割り切った関係を承諾している女性」を想定しておきます。

ホテル代

セフレとお金の関係

ホテルは地域や曜日(平日か土日か)によって、料金に差がありますが、平均的な料金は次のようなっています。

  • ビジネスホテル/シティホテル(素泊まり・2名分)5000円前後~10000円以上(ア〇ホテルも6000円前後)
  • ラブホテル(3時間休憩・2名分)3000円前後~10000円
  • 高級ホテル(素泊まり・2名分)20000円以上

飲食費

ホテル以外の場所で飲食を共にする場合、おおむね5000円~10000円(2人分)の費用がかかります。

交通費

ホテルや待ち合わせの場所までの交通費および、帰宅時の交通費がかかります。自宅や会社から離れた場所を選ぶことになるため、3000円前後は見ておきましょう。

通信費

セフレ専用のスマホを持つ場合は、その経費がかかります。

  • 月額3000円前後(格安スマホの場合)

これらを計算すると、1回あたり、最安で4000円(最安ホテル・飲食なし・現地集合現地解散)、平均的には15000円(平均的なビジホまたはラブホ・食事・タクシー利用)程度かかる計算になります。

セフレが食事代やホテル代を割り勘で持ってくれる場合は、この半値になります。

セフレ予算はいくら見込めるのか?

では、セフレに対する予算はどのくらい見込めるのかを考えてみましょう。

サラリーマンの平均給与(手取り)は、25万~35万円です。サラリーマンの平均お小遣いは4万円となっています。

独身の場合は、自由なお金も多くなりますが、サラリーマンがお小遣いのすべてを、独身であっても給与のすべてをセフレに使うわけにはいきません。

「セフレ予算」を月3万円と見込んでも、最安プラン(4000円/回)では7回/月、平均プラン(15000円/回)では2回/月しか会うことはできません。

より多く会おうと思ったり、複数のセフレを抱える場合は、さらに予算が膨れ上がります。

費用増対策はどうすべきか

では、セフレにかかる費用が増えてしまうと、どうなるのでしょうか?

セフレにかかる費用が、お小遣いや給与の枠内で収まらなくなると、どこかからお金を調達しなければならなくなります。

預貯金やほかの生活費をやりくりしても、やがてそれも底をついてしまいます。

そこでもっとも安易に手を出してしまうのが、カードローンやサラ金による借金です。

一方、なんとか予算の枠内で収めようとすると、会う回数を減らすか、格安プランにするか、女性との割り勘にするかです。

借金するよりは、はるかにマシな方法ですが、これには大きな落とし穴があることを知っておきましょう。

セフレ経費の節約にご用心!

有名芸能人Hさんが、不倫相手にその関係を暴露され、密会に「ア〇ホテル」を利用していたことが、世間の注目を集めました。

何らかの事情があってのことと思われますが、世間の目には「随分ケチったな。それで女にキレられたんじゃないの?」と映ってしまいました。

このように、セフレに対する費用を安く上げようとした結果、思わぬトラブルに見舞われてしまうこともあります。

セフレに逃げられる

毎回格安のホテルで食事もお酒もなく、ただSEXだけをし、送迎もなく現地集合現地解散。

これでは、ほとんどの女性は嫌気がさして関係を断ってしまいます。

セフレの怒りを買う

嫌気がさして逃げられるだけならまだしも、怒りにつながり、セフレ関係を暴露されてしまうかもしれません。

Hさんのように有名芸能人でなくても、ネット上にばらまかれてしまうと、家庭や会社に知られてしまうこともあります。

Hさんのように、セフレや不倫関係の女性がいたということだけでなく、お金をケチっていた、という情報までばらまかれてしまいます。

低予算の人ほど、複数のセフレを持つべし

セフレを持つ場合は、どのくらいの予算が見込めるのかを考えておく必要があります。

そしてその予算に応じたセフレライフを計画しておきましょう。

比較的費用が潤沢にある人は、女性が満足する食事やホテルを利用することができますが、そうではない人は工夫が必要です。

むやみな経費節約や女性への割り勘の提案は、トラブルの原因となります。

こうしたトラブルを避けるためには、低予算の人ほど、複数のセフレを持ち、1人と会う回数を減らし、ケチを印象付けないことです。

無計画なセフレライフであなた自身が破綻してしまわないよう、ご利用は計画的に。

おすすめ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイト紹介しています。



セックスフレンドを作るためのおすすめ出会い系サイト